FC2ブログ
昨年に続き、主要なレースの展望シリーズを書いています。


お花見、朝日、軽量級&ジャパンカップときて、そして東日本を今回は記事にします。
そして、インカレ、全日本選手権、世界選手権は当然、大きく扱いたいですよ。この3つはボート選手にとってRowingの魂と生命を熱く燃やすための場ですから。

今年はオックスフォードとケンブリッジのThe Boat Raceや、日本の春の大学対校戦も色々記事にしましたね。
多少は自分が知っている大会じゃないと記事にしづらいので、全部は網羅できませんのでご了承ください。昨年も言いましたが例えば私は国体はあまり詳しくないので、記事にしたことがありません。ぜひ国体もどなたかアピールしてください!インハイ、全中なども同様です。このほか、たくさんの素晴らしい大会が多く開催されています。

私の中では国内はインカレ全日本、世界ではオリンピックと世界選手権、これらの位置付けが最高峰です。しかしもちろんそれ以外にボート競技は多くの大会やレガッタが、Rowing文化と歴史とを創っています。



これらの展望記事は、事前に発信することにこそ意味があり、関心やニーズを高めるはたらきをします。しかし、大会後は一気に注目が離れ、関心が落ち着いていきます。皆さん、また次へと関心が移るのです。また、記事自体は消費記事の意味合いが濃くなるので、消化のためにいつも読み返せる記事内容をできれば目指したい私のブログ目的に必ずしも沿うわけではないのですが、こうした盛り上げというのはやはり必要なものだと思います。

大会のプレビュー記事や展望記事。そうです、これはとりあえず事前の盛り上げ目的であり、大会が終わってからまとめやレビュー記事を書いてセットにしないと無責任な感じも残りますが、この事前の盛り上げや興味喚起というのが基本、大事ですからね。いかに盛り上げて注目してもらったり、純粋にボート競技への興味やワクワクを感じてもらうか。そんなプロモーションもこの競技には必要だと思うのです。
お祭りもイベントも休暇旅行なども、事前の盛り上がりやワクワクを楽しむところがあるでしょう。楽しみの半分以上は、この始まる前の期待感やムード、心の準備にあるのでは。クリスマスなんて、今や11月か下手すれば10月くらいから何か長い前夜祭ムードを街で作り出しますよね。事前はそれだけじっくりワクワクを楽しませるのに、事後は一気に忘れ去られるかのよう。たった1日過ぎただけで12月26日はあまり余韻が残っていないような儚さもあります。事後の余韻や振り返りも大事にしたいものですが。






さて、そういうわけで、今回は東日本選手権に焦点を当ててみましょう。
今年は6月23日(土)~24日(日)の2日間、戸田ボートコースにて第68回東日本選手権競漕大会が開催されます。昨年より3週間早い日程となりました。距離は2015年から2000mになって今年で4年目。
・・・のはずでしたが、皆さんご存知のように戸田コースの環境を変化させた藻の大量繁茂によって、0m地点から1500m地点までの1500mレースに変更となっています。これは戸田でのレースに慣れている選手や観客にとっては大きな変更。距離はまだしも、1500mがゴールということは、観覧席前でのラストの光景がないということになります。1000m過ぎての仕掛けどころ、全体のレースプランにひと工夫が必要になり、当然勝負の展開に大きく関わっていくことでしょう。
観客の立場からすれば、あの狭い1500m地点、ちょうどコース沿道と荒川沿いの一般道が二又に分かれるあたりが混雑してしまう予想があるためレースが見づらくなるでしょうね。そもそも、ゴール判定の審判や計測が1500mに陣を取る必要性から、大会運営に支障が出るのでおそらく関係者以外立ち入り禁止になるでしょう。危ないですからね。

というわけで、観覧席でのテレビ画面でレース中継ができればよいですが、これもなかなか予算や設営や人手の問題があり難しい部分もありそうです。
色々運営は大変ですが、選手のほうはより大変なので、こうした事態に臨機応変に対応され関係者の皆様最善を尽くしたうえで素晴らしい大会になることを願っています。



いま言ったように、事前の盛り上がりという意味では、インカレへのカウントダウンはすでに始まっています。しかし昨年よりはまだ期間があり、あとちょうど11週間です。そのインカレへの前哨戦として、ここのところ6月開催も増えていますが多くは毎年7月か8月に開催してきた東日本選手権、今年でなんと68回を数えるそうです。
東京都ボート協会主催なので、いちローカル大会といってもよい大会ですが、戸田で開催することと、多くは7月8月のインカレ前、ボートシーズン真っ只中の夏に行うので、以前からたいへん多くのクルーやチームが参加してきました。

やはりボート競技の大会はたくさんのチーム参加があり、多くのボートマンが集うことに価値があります。
私もこの東日本には色々な思い出があります。大学1年のときは地方合宿に行っていたために参加がありませんでしたが当時はナックル種目もあったり1年新人クルーでも参加できるレースがありましたし、2年の時は1学年下の新人クルーコーチのためにCOXとして出漕、3年の時は学連で参加、4年の時はインカレ直前2週間前にインカレM4+クルーで出漕しました。
OBの方も出漕が多い大会であり、色々な立場の中で、毎年出られるような大会は貴重です。1年であれば初陣やレース経験のために、上級生になっていけばインカレやシーズンの実戦機会としての大会に、OBになれば久しぶりにオールを握ってのOBクルーとして、そして学連やマネージャーやコーチやOBや父兄や応援者や審判スタッフや多くのファン、さまざまな出会いと交流があるからこそ、大会というのはボート競技の中で最も大切なのです。
そういう意味で、大会やレースには、ボートに関わるならばできるだけ参加して、レースに出なくても積極的に応援や手伝いなどで関わって、さまざまな出会いと交流を大事にすることだと思います。


とはいえ、近年、この東日本選手権では、初心者ビギナーからOBレースまで、ごちゃまぜの全員参加的な大会から、競技に本格的に取り組む大学生・社会人・クラブチームのための競技大会に姿を変えました。やはり大会運営上の措置や、レベル分けの必要性があったために方針を決めたようです。高校生、一般ビギナーやB級レベル、シニア向けには、翌7月29日の東日本夏季競漕大会・東日本マスターズ競漕大会(1000m)という大会を用意し、きちんと開催方針やレベルのすみ分けを行っています。
東日本自体、おそらく学生チームや社会人チームの需要を柔軟に取り込んで続いてきた大会。20年ほど前から、インカレ2週間前だったり、7月開催だったりそのへんの時期も年ごとに変わったりもしてきました(東ボ主催レースとはいえ、もろもろの事情から希望日にコース使用ができないこともあるようです。戸田は競艇との兼ね合いもありますし)
数年前に7月上旬から中旬、距離も2000mに変更したことで、全国の大学トップや社会人トップのクルーも参加するようになり、インカレ前哨戦、トップチームのための実戦経験のレースとして見られるようになったことで、東日本選手権はいっそうレベルが上がったと感じています。





さてここで、東日本選手権を主催・主管する東京都ボート協会について昨年の流用ですが簡単に見てみましょう。
東ボHPには、以下のような沿革が掲載されています。


「一般社団法人 東京都ボート協会の歩み

東京都漕艇協会が公式に発足したのは、1948 年2 月12 日のことでした。これ以前にも1920 年6 月、日本漕艇協会が設立され、実質的には東京の大学が中心となってわが国のボートの活動が展開し、昭和3 年日漕に関東・関西支部が設けられてからは、関東では関東漕艇協会、戦後には関東漕艇連盟の名前で競技が行われました。昭和21年に国体が誕生し、最初は関東代表が出場しましたが、第2 回からは東京都代表が出場するようになり、昭和23 年新たに東京都漕艇協会が関東漕艇連盟から独立設置されました。

平成22(2010)年5月、公益法人制度改革に伴い、「一般社団法人東京都ボート協会」となりました。」


このようにあり、日ボのなりたちもそうですが、学生中心の組織だったんですね。今でも、ほとんど理事や顧問など東京の大学ボート部OBで構成されていると思いますが、もともと関東漕艇連盟から独立して、国体のために東京都漕艇協会が発足したと。
1948年に東ボの前身である東漕ができて、2018年の東日本が第68回、お花見が第67回です。これらの大会は、1951年か52年くらいからは第1回が始まったということで、やはり歴史ある大会だということです。


東ボの理事や事務局の手伝いには、私の先輩OBもいまして、ぜひ東日本選手権には歴史あるレガッタとしてのさまざまな運営をお願いし、日本を代表するような大きな大会に成長していただきたいですね。やはり世界のいろんな大会にも範をとりつつ、MR近畿大会などのような先進的な取り組みもされて、東京の、そして日本のボート競技発展の先駆的な役割を果たしていただければ素晴らしいのではないでしょうか。
インカレ全日本もそうですが、日ボ大会でも選手プロフィール充実や各種データの充実、ネットLIVE配信など、ボート競技を面白く魅力的にする方法はたくさんある・・・。World Rowingと同じか、世界にもできないような工夫や取り組みは可能だと思っています。東ボからの運営面のリード、ぜひともお願いしたいですね!







それでは、今年の東日本選手権の出漕状況を見てみましょう。

東日本選手権(2018年 6/23~24 埼玉・戸田1500m) ※下のカッコは出漕申込クルー数
男子7種目、女子5種目、全12種目
男子 M1X(57)、M2X(30)、M2-(20)、M4X(15)、M4-(12)、M4+(28)、M8+(14)
女子 W1X(42)、W2X(18)、W2-(15)、W4X(11)、W8+(1)
出漕クルー263クルー男子176クルー女子87クルー)※このうち社会人は18クルー
合計692人男子531人女子161人)※このうち社会人は48人※
あくまで6月20日現在のエントリー段階です。

※昨年の出漕状況
出漕クルー275クルー男子190クルー女子63クルー)※このうち社会人は32クルー
合計644人男子527人女子117人)※このうち社会人は73人


今年の東日本は、昨年同様かなり盛況な出漕数だと感じます。
しかし、傾向としては昨年とやはり異なる感じがします。昨年と今年は男子の人数がほぼ同じ。昨年はM1X77クルーとM2-30クルーで小艇出漕が多かったですが、今年はM1X57クルーとM2-20クルーでかなり減りました。代わって、M4X12クルー→15クルー、M4-7クルー→12クルーと無し艇4人乗りの出漕が増えました。M2Xも22クルー→30クルーに増えました。M4+、M8+はほぼ昨年と同数です。
いっぽう、女子が増えましたね!昨年の63クルー117人から87クルー161人に増加。種目で顕著なのが、W2-とW4Xです。W2-は5クルー→15クルーと大幅増加、W4Xも6クルー→11クルーとほぼ倍増。背景には、大学女子ボート選手は増加傾向にあること。これは各大学部員など見ても、かなり女子漕手が増えてきている印象を受けますので、間違いないでしょう。以前は女子選手2、3人だった部が5、6人になったり、10名くらいで多いとされたチームも今では20名前後にまで女子選手を抱える大学が出てきています。そしてW2-が多いのはこれは間違いなく今年新設のインカレW4+に向けた編成と思われます。東日本にW4+があればかなり出漕していたでしょうが、今回女子スイープ種目はW8+以外W2-のみなのでここに集中してきました。ここの結果と内容を踏まえて、W4+初優勝をめざす大学はこれからのインカレW4+、インカレW2-の編成を考えるでしょう。まあしかし、W大、K應大、T山国際大、H橋大、R大のA~CクルーにG習院といったエントリーなので、予想されたこれらの大学がインカレW4+争いをしていくことでしょう。この大学はW2-も上位目指すはずです。

社会人は、昨年より減りました。もう本当に数えられるくらいで、男子はM1XでIリス、MY生命、S玉県警、Pルテ。M2XでMY生命、K視庁。M4+K視庁、S玉県警。M4-MY生命、○TT。M4XK視庁。M8+○TT、T紡織。女子はW1XでMY生命4杯と、W4Xデンソーのみ。代表組は現在合宿中ということで、社会人の参戦は少なくなっているのです。しかし社会人としてはレベルの上がってきた東日本で大学トップレベル相手に良いレースをし、モチベーションを高め経験を積む実戦機会にしたいところでしょう。
昨年は7月中旬だったので国体ブロック予選で抜ける選手が目立ちましたし、シーズン中は何かと予定が重なってこうした大会の参加に影響があるのですが、今回もさまざまな動向や事情がある中でこのような出漕となっています。

しかし、全体としては東日本の大学勢によるインカレ前哨戦とのイメージが強くなっています。そこに関西や地方から遠征するチームあり、プレインカレの様相を呈していますが、ここでインカレ選考やインカレのクルー編成、種目を絞る選択などさまざまなチーム方針に関わり影響を与えるステップレースになるわけです。







では次に、今回の東日本選手権の展望を見てみましょう。
分かっている出漕状況から勝手な展望と見どころを書いていきます。東日本の大会では、かなり前もって組み合わせが出ている分、当日にかなりメンバー変更やクルー変更がある場合も多いので、的外れの記載も多くなるかもしれません。
また、あくまで個人的な展望になりますので、ご了承ください。あまり役立っていないレース前情報ですので、出漕する選手の方々はこのブログに書かれている内容は気にしないでください!


M1X
全57クルー。社会人の参戦は昨年から大きく減ったが、ビッグネームはIリスオーヤマO元選手。つい先日も軽量級LM1X優勝し日本を代表するこの選手に挑戦すべく、若手が挑む構図になるだろう。その若手ナンバーワンはN体大の黄金ルーキー、T山選手。ここでO元選手に挑み素晴らしいレースをして、インカレ優勝に邁進してほしい選手の1人。しかしそのほかにももちろん注目選手がたくさん。N大は5クルー、2年が1人、あとはやはりルーキー1年のようで、個人的には昨年インハイM2X優勝のO田選手が注目だがいずれも能力が高くトップクラスのスピードを見せるだろう。N大は今年11人も1年が入りましたね・・・。ここもいずれは50人規模をめざすのか?M大もM4Xを組めばインカレ優勝レベルの4人がスカル参戦。個々ではどこまでいけるか。W大のN川選手、T北大のM林選手など実力派選手も多く、またやはりC大、H政大、T国際大、T海大、T経大など経験者中心チームは速そうですよね。R大I政選手、S城大N川選手にもがんばってほしいです。やはりここで盛り上げるには未経験チームの選手の上位進出!若い力でチャレンジしてください!


M2X
全30クルー。1Xと違い、クルーボートでクルーに誰が乗っているのか名前が分からなくなると、とたんに展望が不透明になります(笑)。日本でもクルーのメンバーリスト公表を希望!とはいえ、MY生命は誰が来ても素晴らしい艇速であることは疑いない。軽量級LM2X3位のクルーであれば、課題を修正し全力で優勝めざしてくるだろう。大学では、軽量級を見る限り今年好調なのはT経大、T国際大、H政大も速いと思われる。ここにN大、S台大、M大が絡むだろう。N体大、T海大も複数エントリーで復調してくるか。M2X得意な国立大にも注目していますよ。すなわち、I科歯科大、T波大、I城大などです。このほか、インカレに向けて昇り龍となるクルー出現に期待!


M2-
全20クルー。昨年同様、特定チームの複数出しが目立ちます。N大の4杯出し、W大の4杯出し、M大の3杯出しがポイントになるでしょう。昨年はC電の4杯出し、K都大の4杯出し、H橋大の5杯出しなどがあり、これがなくなったから昨年30クルーから20クルーに減ったように見えるだけといえます。やはりインカレを中心にしたクルー選考を兼ねているところが多いのでしょう。社会人がいないために、大学勢の熾烈な争いが見られると思います。インカレM8+候補、M4+候補、M2-候補、M2+候補とさまざまな選手がそれぞれの勝負をかけて挑みます。


M4X
全15クルー。今年の軽量級で優勝したR谷大と準優勝T自動車はいませんが、3位T国際大、4位K視庁、5位G語大、6位N体大がいます。そして強豪M大、T経大、W大、K應大など。部員を徐々に増やしてきたA学大やK沢大のチャレンジは嬉しいですね!T工大、T波大、C葉大という国立大も、G語大の活躍に続いてほしい!実力未知数のクルーは数多くいます。


M4-
全12クルー。今年は○TT、MY生命の社会人両雄が揃います。どちらもM4-得意のチーム、この死闘を制するのはどちらか?そしてこの社会人対決に割って入る学生クルーはどこか。やはりM4-得意と思われるチームが参戦しています。C大、S台大、W大A・B、K應大、T北大、D大、H政大、T海大。R大は今年もM4-が対校か。レベルの高いM4-種目で優勝をかちとるクルーははたして?


M4+
全28クルー。昨年以上の出漕数ですが、本当にインカレといったような大会になりそうな顔ぶれですね。というのは、複数出しがK應大、S蹊大、W大理工の3チームのみ、この3校でK應以外は伝統的にM4+対校のチームですし、なんか予選の組み合わせがインカレ予選みたいなんですよね。この顔ぶれに西日本の関西、中国などのM4+おなじみチームが出てきたらまさに、という感じです。何だかんだでセレクションチーム対未経験チーム対校クルーという構図になりやすいM4+ですが、全体的にセレクション私大が有利でしょう。N大、C大、M大、H政大、S台大、T国際大、T経大、W大。しかし、未経験大学にも注目したい私です。K都大、D大は関西から東日本に積極的にエントリーする大学でありかなりの艇速を見せるでしょう。N古屋大も今では選手数がたいへん多いです。そして戸田の対校クルーと思われる、T京海洋大、S蹊大、G習院。T北大、I城大、R大にも期待したいですね!K視庁とS玉県警の警察対決も、東日本級大会の大きな見どころであり戸田の名物です。このほかたくさん、素晴らしいクルーが目白押しです。


M8+
全14クルー。東日本選手権とはいえ全国のエイトが集結、準全日本といったM8+種目になりました。戸田は○TT、N大を筆頭に、M大、C大、K應大、T大、T工大と勇名轟くエイトの強豪チーム。しかし実は戸田の出漕はこの7チームのみ。このほかB衛大は神奈川ですが、東北からT北大、S台大。中部からT紡織、N古屋大。関西からK都大、D大。この6つが仙台、名古屋、京都という由緒ある都から東に覇を唱えるべく戸田に乗り込んでくるのです。多くの英雄や偉人を輩出するこの3都市。ボートでもこのような伝統ある強豪クラブを擁しています。
大学勢にとっては、インカレM8+優勝のためには大きな試金石となる大会になるでしょう。昨年インカレM8+優勝のN大、2位のM大、3位のC大、4位のS台大、5位のK應大、7位のT工大という最終日6クルーが出ているわけですが、どのような入れ替わりが見られるか。それとも、小艇で分割して出漕するW大や、男子は全く出ていないH橋大のようにインカレ戦略はさまざまです。
いずれの種目にしろ、この6月がシーズンの行方を占う上でひとつのターニングポイントになることは間違いないでしょう。全国ボートファンの皆さん、東の王者を決める決戦を見逃さないでください!







W1X
続いて女子です。全42クルー。MY生命の4選手と強豪チームのスカラーの参戦により、一気にレベルの上がった今回の東日本W1X。MY生命4人とも決勝を争ってもおかしくないですが、しかし学生にも強力な選手がたくさんいます。昨年インカレ史上最速の優勝W2Xだった、N体大の2人、T橋選手とS井選手。C大もかなり速そうですし、W大はフレッシュなメンバーか。このほか、大学に入って怪我などでまだ本領を発揮していない選手なども多く出漕しているようで、復調のきっかけにしてほしいところです!
D大とK都大のエース対決も注目したいですね。


W2X
全18クルー。ここは、実力派のクルーがしっかりとまとまり、ベストパフォーマンスできるかが問われる混戦の種目になりそう。軽量級で社会人と互角に争ったT国際大が同じクルーなら本命か。対抗は、T波大、H政大、S台大、N体大、C大、R大。このへんがかなりレース展開とコンビネーションによって接戦となるのではないかと思います。G習院、I科歯科ほか、急成長を見せてほしいクルーがたくさんいます。


W2-
全15クルー。女子なしペアで15クルー!史上まれにみるW2-の盛況ぶり。これを期にW2-も女子のメジャー種目とみなされるようになってほしいですね!イギリスやNZなど、伝説的なクルーがたくさん出る種目でもありますから。しかし確実にインカレW4+効果であると思われます。しかも、どうも各大学トップや2番手くらいの実力派を乗せてきている感じがありますので、レベルも上がりそうです。男子の出漕がなかったのと対照的に、女子スイープに今年はかなり力を入れているという噂のH橋大はこの東日本で3杯出し。W大も強力メンバーで3杯出しのようです。T国際大も3杯出し、ここは本当に女子の人材豊富ですね。K應も3杯出し、エイトの出漕も積極的ですし、昨年のインカレW2-優勝大学、今年もW2-とW4+を狙うのは確実でしょう。R大もエイト中心にスイープにも力を入れています。G習院もW2-参戦。これは今大会注目の種目の一つですね。W2-の文章が女子で最長になるとは思いませんでした!


W4X
全11クルー。インカレと異なり、なしクォドのW4Xとなりますが、近いうちにインカレW4Xになりそうですから女子でおなじみの種目になるのでしょう。予選は3組。本当におなじみの強豪が並ぶ中、軽量級LW4X3位銅メダルのG語大に頑張ってほしいと思うのは私だけでしょうか!G語大が決勝に進むには、予選B組でW大、Dソー、C大に勝って1位上がりするのが確実です。そうでなければタイム上がり。うーん、これは激アツの予感です。そのほかの組も激戦ばかり。予選A組はH政大A、S台大、N体大B、M大。予選C組はT国際大、N体大A、H政大B。東日本の女王となり、インカレ全日本へ風を吹かせるのはどのクルーか。


W8+
残念ながらエントリーは1クルーだけで1杯レースとなります。女子エイトをアピールしていきたいR大です。少なくとも2杯ならマッチレースで海外のようなエキサイティングな一騎打ちとなるのですが。どんなライバルが出ても優勝するつもりの、全日本に向けた良いレースを見せてほしいですね。







こんな感じで展望を見てまいりました。いつもどおり、何の影響もない評論程度に見てください。こんな事前のプレビューですが、本音ではまだまだここで挙げられなかったクルーが大活躍し、インカレ全日本につなげていただきたいと思います。
この中からまた、世界で活躍する選手が現れることを期待します。

ひとつの大会から、素晴らしい出会いと経験が得られることがあります。それはまさに大きな飛躍や喜びへとつながっていくのです。いまの自分のベストを存分に発揮されることを、期待しております!藻に負けるな!!最終日にきらめくレースを。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rowingcox.blog.fc2.com/tb.php/394-c0f9b039