FC2ブログ
SNSで伝わってきて知ったのですが、明日4/23(日)20:00~より、NHK BS1にて「世界はTokyoをめざす」という番組でイギリスの名門ボートクラブ、「レアンダークラブ」のようすがテレビ放映で紹介されるようです。

何と50分間にわたりボート競技の紹介がテレビで放映されるわけですが、日本のテレビで海外Rowingが特集されることもたいへん画期的というか珍しいことだと思いますので、日本のRowingファンの方は要録画、要チェックですね。
※見逃した方も、再放送が5月6日(土)深夜24:00~?だそうです。


基本的にボート競技は他のスポーツと同じく、チームや人にスポットを当てたり競技としての魅力や築き上げてきたそのスポーツ文化を世に広く紹介する意義は大きいと思っています。
とはいっても、ボートは知識として知っている競技だというよりは、実際に乗ったり関わってみないと分かりにくいスポーツだとも思いますので、こうしてメディアで紹介されることで一般の人よりもボート関係者の人のほうが意味が大きいのでしょうね。認知度がアップしたという満足度や、自分たちの活動や競技を知ってもらう喜びは大切なものです。

世界のRowingも、例えばヘンリーレガッタなどはテニスのウィンブルドン選手権やゴルフ全英オープン、競馬のダービーと並ぶイギリス最高のスポーツイベントなのですから、日本でももっと一般の人に知ってもらうと素晴らしいですね。
また、日本ボートが海外Rowingを常に範としてきたようにさらに成熟していき、もっとメディアで多く紹介され世間に一般的な話題として扱われるように、日本のRowingもたびたび特集されるようになると良いと思います。地域振興、自然との共生、中学・高校・大学・企業・クラブでのスポーツ、など注目されることが可能な多くの強みをもっていると思います。ボートの秀麗なビジュアルやチームスポーツである点、伝統と最新の研究が融合したモダンかつクラシカルなRowingというスポーツは、最先端スポーツとしても紹介することが可能ではないでしょうか。





さて、このブログでも何度かレアンダークラブの名前を出しており、日本のボートファンの方も名前は知っている人が多いのではないかと思います。
今回は簡単にこの有名なローイングクラブの紹介をブログでもさせていただくことにします。


1818年設立の、イギリス最古のローイングクラブの一つであるレアンダークラブ(Leander Club)。
ピンク・ヒッポと呼ばれるピンクのカバがマスコットでありピンクのブレードがクラブのトレードマークです。ピンクといっても日本のN大の桜色とはまたちょっと違った色のピンクですね。
レアンダークラブHPの紹介動画

ヘンリーオンテムズに隣接した、バークシャー州のレメンハムに拠点を置いています。ロンドンから西へ60km離れたテムズ川上流のヘンリーオンテムズの街は、ヘンリーロイヤルレガッタが開催されることで知られています。(日本語表記はヘンレーとも)
その由緒正しい伝統のイギリスボートの聖地を拠点としているのがレアンダークラブです。しかし、この周辺はイギリスにおけるボート競技のメッカであるということもあり、多くのローイングクラブが存在しているようです。

以前、日ボのコーチセミナーでイギリスボートの紹介をされたO戸さんのセミナー資料がネット公開されていますので、参考資料としてリンクさせていただきます。
「イギリスにおけるボート競技の現状」(PDF版)

ブログ参考記事(2015年10月)
「ボート選手やボートコーチにおすすめの情報」



このレアンダークラブの名門たる所以は歴史の古さもさることながら、とにかく有名選手の在籍が多く、今回の番組でも強調されているように五輪メダリストが多く在籍し、リオでも五輪メダル獲得26人のGB代表選手のうち実に12人がレアンダークラブの選手なのです。ほぼ半数です。単一クラブで12人の五輪メダリストを輩出するというのは、やはりものすごいことです。
自身のHPなどでもその栄光と実績は謳われており、「Leander Clubは他のどのクラブよりも多くのオリンピックと世界選手権の金メダルを獲得し、その素晴らしい成果は世界中で認められています」、とあります。


リオ五輪、レアンダークラブ在籍選手12人のメダリスト一覧
M4-金(1人) Bアレックス・グレゴリー(レアンダークラブ主将)
M8+金(6人) Sウィリアム・サッチ、7マット・ラングリッジ、5ピート・リード、4マット・ゴットレル、2トム・ランズレー、Cフェラン・ヒル
W2-金(0人) レアンダークラブ在籍なし
W2X銀(1人) Bヴィクトリア・ソーンリー
W8+銀(4人) 7カレン・ベネット、4ポリー・スワン、3フランシス・ホートン、Cゾーイ・デ・トレド

Leander Heroes Return 「レアンダー12人のヒーロー、凱旋の動画」
金メダルをとって凱旋です。街の人が総出でパレード、まさに地元のヒーローですね!
ボートを漕いで大勢の地元ファンの大声援の中で戻ってくる演出が、またいいじゃないですか。日本でも行われた往年のウィニングロウです。この出迎えこそが観衆とクルーが一つになる最高のファンサービスですし、日本でもウィニングロウの復活を期待します。

特に、M8+でレアンダークラブ在籍が9人中6人というのは、ほとんど代表エイトが単独クルーに近い感じですよね。
ちなみに、W2X銀メダルのクルーは、バウのソーンリーがレアンダークラブ在籍ですが身長が192cm!そして、パートナーのストロークだったキャサリン・グレンジャーはクラブは別ですが何とリオ五輪当時41歳という、話題性ある女子ダブルでした。
また、レアンダー在籍のLW2Xのキャサリン・コープランドはリオこそ13位と振るいませんでしたが、ロンドン五輪では金に輝いています。過去の実績者がまたものすごいのです。



Leander ClubのWikipediaを見てみますと、オリンピアンの名前がたくさん。
中でも、この4人でしょう。
スティーブ・レッドグレーブ
マシュー・ピンセント
ティム・フォスター
ジェイムズ・クラックネル


この4人は、シドニー五輪金のM4-(Sピンセント、3フォスター、2レッドグレーブ、Bクラックネル)です。現在五輪M4-5連覇中のイギリス、最初の金に輝いたクルーですね。
レッドグレーブ(五輪5大会連続金)とピンセント(五輪4大会連続金)は有名すぎるのですが、長髪の貴公子ティム・フォスターと頑強なジェイムズ・クラックネルもすごい選手なんです。この黄金の4人が全員レアンダークラブで固めたM4-だったということで、このクラブの凄さがお分かり頂けるのではないでしょうか。
レアンダークラブによる、リオ直前インタビュー動画。レッドグレーブもだいぶ初老といった印象になりましたね、サッカー元代表監督のザッケローニ監督に似てきたでしょうか(?)。
レッドグレーブとピンセントが語るレアンダークラブ

こちらも似たようなオープニングの動画ですが、五輪での数々の栄光を美しい映像で紹介しています。イギリスボートの優雅さやジェントルマンな文化も伝わりますね。
レアンダークラブ、栄光の歴史


さらに、次のM4-連覇したアテネでのM4-(Sマシュー・ピンセント、3エド・コード、2ジェイムズ・クラックネル、Bスティーブ・ウィリアムズ)。これも全員がレアンダークラブ。バウのウィリアムズは、北京でもピート・リードらとともに金を獲ります。五輪で毎回、イギリスM4-リーダーをレアンダークラブの選手が務めており、まさにレアンダークラブの魂がM4-に受け継がれ、そしてその黄金の精神がいまではGB代表全体に受け継がれているといっても過言ではないのではないでしょうか。


また、他にもマーク・ハンター(北京LM2X金、ロンドンLM2X銀)などはレアンダークラブの選手です。
あるいは、レベッカ・ロメロという選手がいます。彼女はレアンダークラブのメンバーですが2004年アテネでW4X銀メダルを果たしています。その後腰痛に悩みボートを引退してしまうのですが、自転車競技に転向し、わずか4年後北京五輪自転車女子個人追い抜き種目(3kmトラック競技、現在は五輪にはない種目)において何と金メダルを獲得したのです。ボートで銀、自転車で金という異なる競技でメダリストとなったロメロのような素晴らしいアスリートも在籍したのです。

このクラブが最初からずっと数々のオリンピアンを一から育てたわけではないと思いますが、五輪をめざすトップアスリートを在籍させて五輪チャンピオンをめざすノウハウと環境を持ち、多くの有望選手が門を叩く名門クラブであることには変わりありません。
そこには、チャンピオンを育てるための揺るがぬ理念が築かれ、そして多くの選手が世界トップを目指せる最高のチーム作りがなされているのです。





これまでに123個のオリンピックメダルと、3個のパラリンピックメダルを獲得したという、世界で最も成功したローイングクラブであるレアンダークラブ。世界中に3600人のクラブメンバーがいるそうです。
この名門クラブが、来年創設200周年を迎え、この歴史を背負いながらも若い情熱を燃やして東京をめざしていきます。

こうした世界のクラブを模範に、われわれ日本のクラブもボートを通じた伝統と新たな仲間づくりを絶やさずに立派で誇りある歴史を紡いでいきたいものですね。そして、実績でも文化でも人でもいい、世界に発信したり地域に根付いたりしながら、いつまでもその魅力を伝えていきましょう。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rowingcox.blog.fc2.com/tb.php/311-d247eb83