新勧は早めに動くべきというのは、以下に述べるようなことを考えていくためです。新勧の目標を考えることで、多くのことを決めていく必要が出てきます。




例えば、今まで平均10人の新入部員が入っていたチームがもっと大きくしたいということで、一気に目標を上げて20人に設定するとします。うちの部はやはりインカレはM8+とW4X+で上位をめざしたいと。20人の中で男子と女子の人数もしっかり検討します。


夏はどのクルーでいこうか、上級生はだいたいこの種目で行くとして、1年は今シーズン夏に地方合宿を行い、11月の全日本新人では時間もじゅうぶんあるからしっかり高い目標を達成させよう。合宿は輸送がたいへんだし川や湖のコースだから1Xを多くするより8+や4+、4X+の出漕中心かな。部には上級生用の8+艇しかないから男子は4+を3杯、女子は4X+にしよう。でもそうなると今あるオールではスイープ用が8本足りない。すぐ動かないと。次の年もたくさん部員を増やしたいからオールは新品を8本、部費で今年買うことにしよう。40万円以上かかるのだろうか、分からないからすぐに見積りをとらなきゃ。8月の合宿に合わせて5月中には乗艇練習始めたいから、冬の間に急いで資金を集めないと。
4+3杯となると、男子COXが3人必要だ。1学年でCOX3人は多過ぎるから1人は2年生COXに乗ってもらい、最低2人、今年は何としても入れる。漕手用だけでなくCOX用のPVやポスターも今年は作って絶対に2人は入部させたいね。

社会人コーチだけだと1年生の新人クルーは毎日指導できないから、上級生からこの時期は指導役を3人作る。上級生のスカルやダブル、ペアのクルーで動きやすいメンバーに任せたり、大艇種目のメンバーからはローテーション制で新人指導をしていこう。

今の合宿所だと20人新しく入ってもぎりぎり回せるが、練習スペースやエルゴの台数がやはり必要だ。あと、細かいところでは食堂の椅子が10脚必要だし食器も買い足しておかないといけないだろう。これらも予算と納期を確認しよう。
マネージャーに食事作りを任せているが、20人一気に増えると厨房キッチンは対応できるのかやシフトは回せるのか、食事作りの体制や食堂の環境・スペースも検討しておきたい。

これらの確認をとって、マネージャー人数もしっかり決めていかないといけない。食事以外に、部員が増えることで練習サポートや対校戦準備など必要な役割も増えてくる。特に資金面が現状では厳しいので資金の責任者である財務担当マネージャーを新たに増やす必要がある。
食事作りは専門の役割としてメイン担当にして人数を絞り、多くのマネージャーは食事のシフトを週1にしてそのぶん他の担当でエキスパートになってもらうべく専念してもらおう。新たな役割のためにマネージャー目標人数を現状より増やし、新人マネージャー指導体制もしっかりと見直そう。

よし、目標が決まったら皆の意見も聞いて、達成のための具体的なアイデアや行動案を集めていこう!皆が挑戦する意欲を高められるよう、ビジュアルに訴える資料や掲示物も作って見やすくしよう。年内までにある程度固めて、新勧チーム1人1人の予定や動きを決める。プランを決めたらあとは全力でやるだけだ!




以上は架空の設定ですが、けっこうリアルに想像できるかと思います。現実的なプランとして固めていくには、人を増やすだけでも、ただ人数が増えたという単純な話ではなく、部の運営をして強くなるとはこういうことです。

計画を立てるにはイメージや試算が必要になります。情報を元に、人やお金や物を頭の中で動かし組み立てる。あるいは実際にリストや表を作ったり書き出していく。現状分と不足分が必ず出てきます。
こうしたイメージを使って現実的にシミュレーションをして、チームリーダーとよく話し合って、目標を明確にしたらそれに対して具体的で綿密なプランを立てリアルな行動に変えていく。行動すれば、必ず反省点や良かったところが出るので、評価をして課題については改善していく。年々新勧や運営のレベルを上げていく。いつも言っているPDCAですね。
2015 計画・整理

人もお金も物も、今ある現有の資源だけで考えるのでなく、増やす見込みの資源を含めたシミュレーションをしていくわけです。もちろん、目標に届かなかったり退部が出たりで想定した人数に達せず、こういった想定を修正しないといけないことは考えられるでしょう。しかし、こうしたシミュレーションには色んな状況に柔軟かつ臨機応変な対応ができるように、いくつものプランを考えて用意しておくことです。
ボート部運営の場合、お金や物を余分にストックしておくのは将来の備えとなり有効ですから、新勧を頑張るならお金や物の準備を早めにしておくに越したことはありません。

人もお金も物も情報も、いずれの資源も必要なときにすぐ手に入るわけではなく、時期やタイミングが決まっていたりかなり時間の条件や制約がありますから、とにかく新体制が整った年度初めからの綿密な計画が必要なのです。
新勧をはじめとする人のマネジメントは、最優先して決めるべきマネジメント事項であることがお分かり頂けると思います。


そして、目標があってもかけ声だけでプランやシミュレーションがないと、行き当たりばったりです。目標と現実が乖離するだけです。思いつきでは達成には近づきませんし、目標自体を立てていないと惰性になって大きな変化はなく、やはり時間を浪費するだけですよね。
練習のための練習、仕事のための仕事をやっていても面白くありませんし意味を見出せません。受け身にもなってしまいます。何より効率が上がらず質が高まらず、こういうのは努力とは言いませんよね。
自らの意志を持って、主体的に現状を変えようとすることを努力というのだと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rowingcox.blog.fc2.com/tb.php/261-bfec6547